第1回公演

シリタガールの旅

気が狂っている妻と気が狂っていない夫が「寸止めの愛」を求めて危なかっしい旅をする。

こまばアゴラ劇場
2009年6月20日(土)〜6月27日(土)

作・演出 西島明

振付 山田うん

出演
猿飛佐助(本能中枢劇団) 吉原朱美(本能中枢劇団/GRASS) 横塚真之介 佐伯さち子(野鳩) 佐々木幸子(野鳩) 立本恭子 森田ガンツ(猫のホテル)

劇中人形劇脚本 田辺茂範(ロリータ男爵)

スタッフ
舞台美術 ふくいく/宣伝美術 大内かよ/舞台監督 上林英昭/ 照明 須賀谷沙木子(colore)/音響 高塩顕/制作運営 三村里奈(MRco.)

(写真をクリックすると大きなサイズの画像が開きます。 )

photo: コスガデスガ

 




第2回公演

家庭の安らぎの喜びと恐怖

こまばアゴラ劇場
2010年7月23日(金)〜8月1日(日)

作・演出 西島明

振付 山田うん

出演 
猿飛佐助(本能中枢劇団) 吉原朱美(本能中枢劇団/GRASS) 森下亮(クロムモリブデン)  真下かおる(くねくねし) 成田さほ子(拙者ムニエル) 飯野遠(民藝) 森田ガンツ(猫のホテル) 横塚真之介 宮下今日子

特別出演:田辺茂範(ロリータ男爵)

舞台美術 ふくいく/ 宣伝美術 大内かよ/ 舞台監督 上林英昭/ 照明 須賀谷沙木子(colore)/音響 高塩顕/衣装 川口知美(COSTUME80+) /制作運営 三村里奈(MRco.)

(写真をクリックすると大きなサイズの画像が開きます。 )

photo: 岩田えり

 


第3回公演

リボンの心得


長くてすまんことです
短くて情けないことです
かたいこともありました
ゆるいこともありました
ラッピングで、輪になって、はしゃいでも
ほどけることは忘れない
結び目の祈り リボンの心得

こまばアゴラ劇場
2011年6月18日(土)〜6月26日(日)

作・演出 西島明

振付 山田うん

出演
猿飛佐助/吉原朱美/信川清順/鵜沼ユカ/宮下今日子/高松泰治(ゴキブリコンビナート)/田辺茂範(ロリータ男爵)

スタッフ
舞台美術 ふくいく/宣伝美術 大内かよ(OKデザイン)/舞台監督 橋本慶之/照明 須賀谷沙木子(colore)/音響 高塩顕/制作運営 三村里奈(MRco.)

(写真をクリックすると大きなサイズの画像が開きます。 )

photo:康悠希
PR photo: ふくいく    

 


第4回公演

雪と雲のつなわたり


見たもの、聞いたもの、クサったものをすべて無傷のままに収めた雪と雲からできている小箱のような娘の物語。

こまばアゴラ劇場
2012年8月22日(水)−26日(日)

作・演出 西島明

振付 山田うん

出演
猿飛佐助/吉原朱美/宮下今日子/横塚真之介/矢沢誠/森田ガンツ(猫のホテル)/佐藤真弓(猫のホテル/表現・さわやか)/市村美恵

スタッフ
舞台美術・衣装・宣伝美術 ふくいく/舞台監督 上林英昭/照明 山岡茉友子(青年団)/音響阿久津美歩/制作運営 三村里奈(MRco.)

提携:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場「サマーフェスティバル〈汎-PAN-2012〉参加」
フェスティバルディレクター:矢内原美邦
企画制作:本能中枢劇団
協力:高原書店/吉住モータース/GRASS/バイ・ザ・ウェイ/ギフト/アスタリスク

(写真をクリックすると大きなサイズの画像が開きます。 )

photo:小坂真
PR photo: ふくいく    

 


第5回公演

別冊オトメチック ルネッサンス
やりかけ恋のバッキン


宝くじ売り場で働く乙女たちは、 とうもろこしで恋占いをし、
ナイチンゲール美容液なるブログを書き、 ブログが炎上すれば「ふー」と気絶する。
レトロでかわいくて、少々まぬけな乙女たちの ルネッサンス(再生復興)。

2013年7月23日(火)−24日(水)
サラヴァ東京

作・演出  西島明

振付 山田うん

出演
猿飛佐助/宮下今日子/藤井由紀(唐組)/藤田記子(カムカムミニキーナ・good morning N°5)/伊藤知奈美(Co.山田うん)/金沢涼恵(クロムモリブデン)/小田井孝夫(くねくねし)
森田ガンツ(猫のホテル) [ダブルキャスト]23・24日19:00/21:30の回
西島明 [ダブルキャスト] →24日15:00の回

スタッフ
衣装・小道具・宣伝美術=ふくいく 音響=尾林真理

協力
高原書店/吉住モータース/オフィスPSC/フォセット・コンシェルジュ/アスタリスク


第6回公演

ウアクチンクエ


「捨て猫には親切にしとこう。もしかしたら天使かもしんねえよ」。鼻悪(はなわる)マーケットのおやじはそう言って、自分の鼻の中にパソコンやらロッカーを入れていった。→これとまったく同じではありませんが、ほぼ近いシーンやセリフのある舞台です。

2014年10月24日(金)―25日(土)
サラヴァ東京

作・演出  西島明

振付 山田うん

出演
猿飛佐助/吉原朱美/宮下今日子/横塚真之介/新谷真弓(ナイロン100℃)/森田ガンツ(猫のホテル)/福屋しし丸(フクヤクラス)/伊藤知奈美(Co.山田うん)

スタッフ
衣装・小道具・宣伝美術=ふくいく  音響=尾林真理  照明=赤間和夏


協力
高原書店/吉住モータース/GRASS/バイ・ザ・ウェイ/アスタリスク